お店のユニフォーム作り|Tシャツのプリントが激安な理由|思い出に一役買う

Tシャツのプリントが激安な理由|思い出に一役買う

レディー

お店のユニフォーム作り

刺繍

イラストや書体の注意点

ポロシャツは生地に凹凸があるため、刺繍との相性が良くきれいに仕上げることができます。ですが、刺繍のデザインを考えるときには注意点があります。まず1つ目に、イラストは向いていません。刺繍は糸を縫って形を作るため、面積が比較的大きいイラストだと思ったような仕上がりにはならずにがっかりしてしまいます。ワンポイントやロゴなど面積が小さいものでデザインを考えましょう。2つ目に、文字の書体が凝っものだと、制作業者が刺繍できない可能性があります。制作業者が指定する書体の中から選択をすれば間違いはありません。どうしてもこだわりたい場合は、あらかじめ制作業者に相談をしてみてから、デザインを考えるようにしてください。

洗濯や汗にも強い

ユニフォームにポロシャツを取り入れた場合、洗濯や着用時の汗などで色落ちが気になります。ですが、ポロシャツに刺繍をした場合、耐久性が非常に良いので何回洗濯をしても、色落ちなどの心配はありません。そのため飲食店やスポーツ系の部活のユニフォームとして取り入れるのにも適しています。ただしポロシャツの刺繍をきれいな状態で長く保たせるためには工夫も必要です。洗濯機に入れる際には、裏返しにして洗濯ネットに入れることによって刺繍部分を守りつつ洗濯することができます。また2つ折りにした状態でネットに入れるとさらに良いです。また色が濃いポロシャツを初めて選択するときは、他の洗濯物に色が移ってしまう可能性があるので、単独で洗うようにしましょう。